GRAND GUIGNOL

KING OF FASHION


b0398513_16481805.jpeg






b0398513_16483154.jpg





b0398513_16484062.jpg





b0398513_16485133.jpeg




b0398513_16485885.jpg





b0398513_16491205.jpeg





b0398513_16492135.jpg








BLACK SIGN POIRET COAT is here.








GRAND GUIGNOL


612-8352 京都市伏見区肥後町368-5


Instagram

TEL/FAX 075-602-2229

E-mail shop@feebles.jp

OPEN 12:00 CLOSE 21:00

Close on Wednesday

http://feebles.jp


[PR]
# by grandguignoljapan | 2018-11-30 19:49 | Black sign | Comments(0)

Over the Century


b0398513_16464261.jpg






ヴィクトリア女王が統治していた1837年〜1901年。
この時代は産業革命によりイギリス経済が成熟し、イギリス帝国の絶頂期とみなされています。




この時代に作られた物は装飾的なデザインが特徴でヴィクトリアンと呼ばれ、
アンティーク的価値が高いことでも知られおります。








b0398513_16485850.jpg






その後ヴィクトリア期の流れを汲む形で
19世紀末から20世紀初頭にかけてヨーロッパで生まれた
アール・ヌーヴォー様式。

"新しい芸術"を意味するこの時代の物は
植物や花など自然界からインスピレーションを得、
曲線を多用したデザインが特徴です。


第一次世界大戦が勃発すると装飾的でコストのかかるアール・ヌーヴォーは
世紀末の退廃的なデザインとみなされ、衰退していくことになった。







b0398513_16585641.jpg



b0398513_17081584.jpeg







アール・ヌーヴォーが衰退した後、アール・デコというムーブメントが流行。




英語で言うとアートデコレーション、装飾芸術を意味する
このムーブメントはヨーロッパだけでなく、アメリカ(ニューヨーク)にも飛び火することになる。


幾何学的でモダンなデザインが特徴です。









b0398513_17000840.jpg



b0398513_16585937.jpeg







アール・デコ期に作られた物であっても
アール・ヌーヴォーの有機的なデザインが入り混じった過渡期ならではの
物に出会うこともあります。










b0398513_17311285.jpg





さて、ここからは私の本業、ファッションの話。


アール・デコの流行はファッション界にも波及した。



コルセットでウエストを締め上げ、
強制的なS字シルエットで女性を縛り付けていたヌーヴォー期のスタイル。

それを破壊したのは
一人のフランス人デザイナー


"ポール・ポワレ"




1908年に彼が考案したコルセット不要のドレスは
多くの女性を活動的にし、ファッション近代化のパイオニアとして名をはせることになる。



同年代のフランスではシャネルがコレクションを発表し、
新しい価値観の革新的ファッションが続々と生み出された。









b0398513_17274295.jpg






ファションブランドが香水をプロデュースするのは今や当たり前ですが、
ファッションと香水を結びつけたのはポワレが先駆け。





ちなみにポワレの服は最も安い物でも
当時のウェイトレスの給料2年分だったそうです........。
高杉ワロター



しかしながら繁栄の裏には
いつの時代も影がつきまとう。


そう、ポワレの時代は永く続きませんでした。





ココシャネルがジャージ素材のドレスを発表し、
よりリアルクローズに寄せた洋服が指示され、徐々にポワレの優雅で派手なデザインは
時代遅れの産物になっていくことになる。



1929年に彼はメゾンを畳むことになり、
その15年後の1944年、パリで65年の人生に終わりを告げる。


デカダンスそのものとも言える彼の生涯。



















b0398513_19405900.jpg



そして

彼の死去から74年経った2018年。


ポールポワレの亡霊がギニョールに憑依することになる。



POIRET COAT is arrived.







GRAND GUIGNOL


612-8352 京都市伏見区肥後町368-5


Instagram

TEL/FAX 075-602-2229

E-mail shop@feebles.jp

OPEN 12:00 CLOSE 21:00

Close on Wednesday

http://feebles.jp


[PR]
# by grandguignoljapan | 2018-11-29 19:43 | about Grand guignol | Comments(0)

冬のあったかインナー 最強編

b0398513_15530724.jpg



b0398513_15530727.jpg




BLACK SIGN

HEAVY WEIGHT LUMBERMAN`S SWEAT SHIRT

(Col. Redtea)

PRICE ¥ 20520 (TAX IN)


ウェブストアはコチラ





戦前のアンダーウェアをベースにしつつも
現代の生活環境に合わせ、数々のアンダーウェアをリリースしてきた
ブラックサイン。



今期の新作はカシミア混のコットンウールスウェット生地を採用。


そう、ブランド初期の頃からのお客様には馴染みのある
バイシクルカーディガンと同じ素材。


下手なアウターよりもあったかいやつです。








b0398513_15530718.jpg



b0398513_15530879.jpg







3ボタンのヘンリーネックに裾は旧いシャツなどに見られる

マチピース。



フッカフカの裏起毛で着心地も最高ー。









b0398513_15553306.jpeg






身長175cm 体重67kgの者が40を着用。



定番の起毛フライスのアンダーウェアほどのタイトさは無く、

かといってリラックスシルエットまではいかない感じ。




ただ、この素材は何度も洗っていくと縦方向に縮みが出てきます。



数回洗った程度ではほぼ寸法は変わらないんですが、

2年くらい着まくった後に丈が縮んでました。(あくまで私、個人の経験ですが)





ということを踏まえて、ご家庭で洗って着る方は

着始めに少しゆとりのあるサイジングが望ましいと思いますね。








b0398513_15530837.jpeg










レッドティーと命名された赤みの強いブラウンカラーは、

色合わせを深く考えなくてもそれなりに馴染みが良いです。






朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたので

この手の防寒ウェアは欠かせないっすねぇ〜。







GRAND GUIGNOL


612-8352 京都市伏見区肥後町368-5


Instagram

TEL/FAX 075-602-2229

E-mail shop@feebles.jp

OPEN 12:00 CLOSE 21:00

Close on Wednesday

http://feebles.jp


[PR]
# by grandguignoljapan | 2018-11-27 17:00 | Black sign | Comments(0)

Portrait part5






b0398513_13021579.jpeg



b0398513_13021553.jpg









JOHN MOORE BOOTS





急激に寒くなりましたがしっかりと保温性をキープできる

セーターがあれば、アウターは薄手でも結構いけちゃいますね。




今年初めて町家で冬を経験するわけですが、

土間の底冷えがマジ半端ないっす。


レザーシューズの底からジーンと冷えてくるんすよ。




ちゅーことで

ブラックサインのブーツソックスが欠かせないってことですよ、ハイ。









GRAND GUIGNOL


612-8352 京都市伏見区肥後町368-5


Instagram

TEL/FAX 075-602-2229

E-mail shop@feebles.jp

OPEN 12:00 CLOSE 21:00

Close on Wednesday

http://feebles.jp


[PR]
# by grandguignoljapan | 2018-11-25 18:03 | portrait | Comments(0)

ハッとして.....グッときて〜

b0398513_22010510.jpeg



b0398513_22010538.jpg





DAKR

MEISTER HAT

PRICE ¥ 24624 (TAX IN)


ウェブストアはコチラ



ジャンゴアトゥールとキングリッチさんのダブルネームによる
変わり種ハットをご紹介します。








b0398513_15440969.jpeg




流行りのマウンテンハット?

いやいや違うんです。


敢えて言うならばシュバリエハット的な感じ.....

しかもウールとラビットのミックス。



かっちりしたフェルトハットなルックスですが、
正直不安になるくらいのフワッフワ感なんです。










b0398513_22041290.jpg





当然のごとく裏無しの仕様。


裏張りするとこの感じにならないですからね〜。








b0398513_15225641.jpeg

b0398513_15225820.jpg


b0398513_15230152.jpeg







大抵のコーディネイトに馴染む"ブラック"。








b0398513_15394520.jpg





ダークトーンになりがちな秋冬に

彩りを添えてくれる"カーキ"。



悩ましい2カラー展開です。





ジャンゴさんの服には当然ながら良く合いますが、

当店で取り扱っておりますユーロミリタリーMIXにも

ハマります。




なにとぞよしなにぃ〜。





GRAND GUIGNOL


612-8352 京都市伏見区肥後町368-5


Instagram

TEL/FAX 075-602-2229

E-mail shop@feebles.jp

OPEN 12:00 CLOSE 21:00

Close on Wednesday

http://feebles.jp


[PR]
# by grandguignoljapan | 2018-11-24 17:35 | Django atour | Comments(0)