ギニョール的撮影方(アイウェア編)




連日商品紹介ばっかりだったので
本日は少しブレイク。


同業の方からたまに聞かれるので
本日は商品撮影の裏側をご紹介します。




ちなみに私、カメラは初心者の中〜上くらいの
人間です。








ギニョール的撮影方(アイウェア編)_b0398513_17380870.jpg






使用機材はCanon EOS 6d mark2、
レンズはSigma70mm F2.8 DG MACRO。




今回はアイウェアの撮影ということで
マクロレンズを使用致しました。








ギニョール的撮影方(アイウェア編)_b0398513_17471520.jpg





今背景紙はsuperior社のスノーカラー。(何気にアメリカ製)


1.35m x 5.5mと小物を撮影するには
大き過ぎるのでカットして使うのが良いと思います。


このくらいのサイズだと洋服を撮影するのにも
使えます。



色んなサイズ、カラーがあるので
このあたりはお好みで。










ギニョール的撮影方(アイウェア編)_b0398513_17212088.jpg






さて、撮影ポジションの紹介。

当店奥には大きな窓があり程よく自然光が入ってきます。



今回はこの左から入ってくる自然光だけを使って撮影していきます。
(店内の照明器具は全てOffにしてます。)




まず適当な台(テーブルとかでも可)の上に
白い背景紙を敷きます。



このまま撮影すると商品の右部分が暗くなる為
白い背景紙を右にも配置し
均等に光を反射させます。










ギニョール的撮影方(アイウェア編)_b0398513_17503795.jpeg

ギニョール的撮影方(アイウェア編)_b0398513_17504132.jpeg




ISO感度100、F値8〜11、シャッタースピード1/5〜1/10。




いかがでしょうか。

結構見やすい商品写真になったと思います。


ただし、この設定で撮影するときは三脚が必須です。
(手持ちで撮ると思いっきり手ブレします。)



さらに言うとシャッターボタンを押す振動でも
手ブレすることがあるので
タイマー撮影がオススメ。









ギニョール的撮影方(アイウェア編)_b0398513_17505597.jpg






補足。

画像の板は1mm厚の乳白色アクリル板。
(ホームセンターで1000円くらいです。)


撮影した写真に暗い部分がある場合は
これをレフ板変わりに使って光量を補助することで
より完成度の高い1枚が撮れるはず。




ちなみに私はタイマー撮影ボタンを押した後の
数秒間にこの板を最適な位置に当てがってます........

結構忙しい作業ですが、楽しいですよ。







GRAND GUIGNOL


612-8352 京都市伏見区肥後町368-5


Instagram

TEL/FAX 075-602-2229

E-mail shop@grandguignolstore.com

OPEN 13:00 CLOSE 20:00

Close on Wednesday

https://grandguignolstore.com


by grandguignoljapan | 2020-09-26 18:16 | 無駄話 | Comments(0)