理想のアンティークを探して




b0398513_19195167.jpg






現店舗に引っ越してから約半年が経過しました。



グランギニョールでは商品だけでなく、
空間演出にも並々ならぬ拘りがありまして........







b0398513_19195174.jpeg



b0398513_19203521.jpeg






心が踊るようなディスプレーを本気でやりたいんです。








b0398513_16043538.jpeg







持ち前のフットワークの軽さで、
関西〜関東のアンティークストアにはかなり足を運びました。




アンティークの世界は奥が深く、
知れば知るほど100年前のフランス什器にのめり込んでいくハメに...........。












b0398513_17234237.jpeg





b0398513_19262895.jpeg




b0398513_19265385.jpeg










店内の『ここが微妙やねんなぁ〜』って部分に新たに設置する
ラックを探しに探しておりましたが、
ようやく出会うことが出来ました。





上の画像は1900年代初頭のフランスの宝石店、洋服店で使われていた
メタルラック。











b0398513_19265631.jpeg








アメリカのアンティーク什器は市場的にも
価値形成がしっかりされており、
日本にいても"お金を出せばそれなりに揃う"って現状だと
思うのですが、フランス物となるとそうはいかないんです。




広大なアメリカはお店の数も多く、
フランスとは物の現存数がそもそも違うでしょうし。





私が血眼になって探していたのは
Siegel Paris製のラックでした。
(上の画像です。まだ組んでいないのでただの真鍮の棒です。)




服飾関係の方には大変有名な
フランスのマネキンメーカー"STOCK MAN"。
(創業150年越え)


ディオールやゴルチエ、名だたるトップブランドがこぞって使用するマネキン界のKINGな訳ですが、
このSTOCKMAN社は1800年代後半にSIEGELという一人の男と出会う。


彼はマネキンやメタル製のディスプレー什器のスペシャリストで、
彼がSTOCKMAN社に加わり、
社名はSIEGEL&STOCKMANに変わります。



自社生産が可能な巨大ファクトリーも構えていたそうです。


日本ではSIEGEL製品の知名度は低いですが、
というより知ってる人に会ったことが無いです。

アール・デコ期のSIEGEL製品は本当に美しくて、
多少無理をしてでも手に入れたいと思えるシロモノでした。










b0398513_19485863.jpg







棚板を乗せるだけのパーツにも意匠が光ります。


ネジ一本にしても社名や住所が刻印されていたりと
もうヤバすぎ。






近いうちにこれらのラックが設置され、
自分の思う"完全体"になりそうです。





もう、ここまできたらトコトンまでやりますでー。









GRAND GUIGNOL


612-8352 京都市伏見区肥後町368-5


Instagram

TEL/FAX 075-602-2229

E-mail shop@feebles.jp

OPEN 12:00 CLOSE 21:00

Close on Wednesday

http://feebles.jp


by grandguignoljapan | 2019-03-11 19:55 | 無駄話 | Comments(0)