ガマ様の登場でいっ!


ガマ様の登場でいっ!_b0398513_20325513.jpg





MANIFOLD x 大江洋服店



予定より遅くなりましたが、ガマ様のご紹介を致します。



今作は名古屋に拠点を構えるマニフォールド、大江洋服店がタッグを組んだ
コラボレーションアイテムになります。






今作は1900年代初頭(もしくはその前後)に存在した
"革製のガマ口"を現代に蘇らせるというプロダクツになります。





最初にドドッと文章だけってのも
読んでて疲れるかと思いますので
画像を交えてぼちぼちいきましょー。













ガマ様の登場でいっ!_b0398513_14121848.jpg






BANK PURSE


PRICE ¥ 11880 (TAX IN)


SIZE H(最大縦)...8.5cm x W(最大横)....10cm x D(マチ)....3.5cm


ウェブストアはコチラ





当時の現物に基づき大きさは小、中、大とございますので
小さい物から順にいきます。



サイズ的には最も小ぶりながら、しっかりとマチがあるので
見た目以上にコインを飲み込んでくれるバンクパース。










ガマ様の登場でいっ!_b0398513_14502177.jpg






プクよかなフォルムがキュート。











ガマ様の登場でいっ!_b0398513_14555564.jpg







100円玉が20枚入ってこの余裕感。





小銭持ちの方も納得の収納力でござんす。













ガマ様の登場でいっ!_b0398513_14121806.jpg







CARD CASE


PRICE ¥ 8640 (TAX IN)


SIZE H(最大縦)...13cm x W(最大横)....11cm x D(マチ)....2cm



ウェブストアはコチラ







こいつは縦長型のカードケース。









ガマ様の登場でいっ!_b0398513_14502271.jpg






見てください、この革質!


旧いスペシャルヴィンテージピースに見られる
この感じ。



今作は日本の新喜皮革と共同開発した
特殊なホースレザー(茶芯)を使用しております。




所謂ヴィンテージ加工に終わらず、
ここからさらなる経年変化が楽しめる余白が
残されているのが"ミソ"ですわな。









ガマ様の登場でいっ!_b0398513_14502233.jpg









かなりの枚数、カードを入れても大丈夫そうです。


最近は何かとICカードな時代なので
このサイズは需要が高そうです。






そんでもって
マチ部分の別パーツが無いので、
他のモデルよりも割安感があります。



可愛いやっちゃな〜。








ガマ様の登場でいっ!_b0398513_14121868.jpg








BANK PORCH


PRICE ¥ 17280 (TAX IN)


SIZE H(最大縦)...19cm x W(最大横)....13.5cm x D(マチ)....3cm


ウェブストアはコチラ







最後はいっちゃんデカイやつです。



このタイプのみフロント片面に金箔ロゴが入ります。




もともと企業アドに使われることが多かった

アイテムだけに、まるで当時のアドのような憎い演出が光ります。










ガマ様の登場でいっ!_b0398513_14502227.jpg






ヴィクトリア時代を思わせる
口金の意匠。










ガマ様の登場でいっ!_b0398513_14502224.jpg


ガマ様の登場でいっ!_b0398513_14502299.jpg









通帳やお札が曲げずにすっぽり入る大きさです。



一応Iphoneのでっかいやつもケースに入れた状態でも入りました。




使う人のスタイルでいろんな用途が生まれそうですね。










ガマ様の登場でいっ!_b0398513_15103574.jpg









ガマちゃまのキモとも言える口金は

鉄製にニッケルメッキを施した物。



よく見るとプツプツしている部分は

釘で固定された跡なんですって!!


釘先は丁寧に処理されておりますので、安全上全く問題御座いません。

ご安心下さい。











最後になりましたが、3種類共通の仕様として、



"裏地は無し"


"革の個体差が半端無い"


"もはや現行品とは思えない"


これらのことが挙げれます。







日本人には旧くから馴染みのあるガマ口。



例えアメリカ物がベースであっても

手に取ると妙に落ち着く感じがありますね、ええ。





以上、

長〜いブログを最後までお読みいただき、誠に有難う御座いました!!







GRAND GUIGNOL


612-8352 京都市伏見区肥後町368-5


Instagram

TEL/FAX 075-602-2229

E-mail shop@feebles.jp

OPEN 12:00 CLOSE 21:00

Close on Wednesday

http://feebles.jp


by grandguignoljapan | 2019-02-28 21:20 | Manifold | Comments(0)